読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Usagi of legends

ぼくのえにっき

勝った時の反省点

勝った時に反省するのってすごく難しい。

反省は直後にするのが効果的だとされてるけど、実際それをするのって難しいよね。

もっとこうすればよかった。ってのも、でも勝ったからいいじゃん、で流されやすい。

しかも、客観的な視点がないとそもそも反省しようとする気にすらなれない。

 

どうすればいいんだ…。でも、勝った時にこそ真の反省点が見えるってこないだどっかで読んだし、ウウウウウウウウウウ。。

 

ってなったときに、アナリストがいると心強いです。

客観的な視点で試合全体を見てて、的確なアドバイスを受けやすいからです。

 

まぁ、大半のチームはアナリストなんていないと思いますけどね

 

と、いうわけで今回お勧めするのはこちら!

終わったときに(勝敗にかかわらず)反省点を述べ合う組み合わせを作っておく。

というもの(今思いついた)

 

これだけじゃわかりにくいと思うので、例を挙げながら説明すると、

TopがJGをもっとこうすればよかったと指摘する、と試合前に決めておく。すると、TopレーナーはJGをよく見るようになる(それでレーナーのパフォーマンスにかかわってきてしまったら問題ではある)。そして終了後に反省点を述べてあげる。JGはそれを謙虚に受け止める。

と、いうのを同様にJGはMidをMidはTopを、Botはお互いのことを。というようにすれば比較的客観的な反省点を述べ合うことが出来るんじゃないかな、って思います。

 

大事なのは「謙虚さ」ですよっ!

▼広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。

DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。

お客様は下記のGoogleアカウントの広告設定ページで、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info のページにアクセスして頂き、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。

その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。